<< 通天閣 | main | 八日目の蝉 >>

スポンサーサイト

2015.09.07 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

刑務所なう。ホリエモンの獄中日記195日

2012.03.31 Saturday
評価:
堀江 貴文
文藝春秋
(2012-03-15)

 
introduction
娑婆にいるスタッフに助けられ、私自身がずっと関わってきたインターネットによる情報発信が普及したおかげで、ボールペンで便せんに書いた原稿がメールマガジンやTwitterのつぶやきにトランスフォームされて世界に拡散することになった。その結果が本書である。

感想
美容師が貸してくれた。
かなり面白かった。
ホリエモンが何して捕まったのかもよく知らないが、
なんか傲慢な人だなーっていうマイナスイメージを持っていた。
でも、獄中ではルールに従い、トイレ掃除したり、
係の仕事でミスして怒られたり、限られた時間で他人との会話を楽しんだり、
けっこう健気に頑張っているよう。
獄中でも新聞や雑誌から経済や政治の動きを敏感に追って自分の意見をしっかり持っている点、
出所した後やりたいことを明確にしている点は尊敬する。



スポンサーサイト

2015.09.07 Monday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 16:17
  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」