スポンサーサイト

2015.09.07 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

シザーハンズ

2015.09.07 Monday
ジョニーデップ


エコノミカルパレス

2015.08.16 Sunday


サラバ!下

2015.08.11 Tuesday


サラバ!上

2015.08.10 Monday


ジュラシックパーク

2015.08.10 Monday


20代にできること、しておきたいこと

2015.08.03 Monday
とても参考になった。
自分が、ありきたりでつまらない、たいしたことない女であることに気づけた。


突然、失明して半身マヒになった父を看取って

2015.08.03 Monday
介護のリアルなレポートの本。
進撃の巨人よりスリリングで、ロミオとジュリエットより悲劇的。
食べて出す、たったそれだけのことがこんなに大変だなんて…


車いすのパティシエ

2015.08.03 Monday
涙があふれて心が温かくなる話が23話。

【復習】
p.40
自分がお金持ちになるために会社を始めても、絶対にうまくいかない。社会のため、人のため、そう思えるようになって初めて会社は大きくなる。

p.59
実は、おばあちゃんには元気になったらやりたいことがありました。それは、「青空の下で散歩をする」ということでした。

p.69
「自主的であること」
「損得だけで考えてはいけないものがあることに気づくこと」
「福祉の心を持っていること」
ボランティアのこの3つの柱が、世界中にしっかりと根付くその日まで…

p.72
「自分の車に乗ってくださるお客さんに何かサービスをしたい」
「おしぼりを渡そうか」「コーヒーを出そうか」と、いろいろ思案した末にひらめいたのが「生け花」でした。


アンの友だち

2015.08.03 Monday
素敵なお話がいっぱい。

アンを読んでいると、よく出てくる、オールドミスという言葉がいつも心に引っかかる。

【復習】
p.173
…じいさん自身、だいそれた望みを持っているわけではなかった。じいさんは西の国へむかうとちゅうの巡礼のように、はればれとしていた。これはなかなかむずかしいことだが、じいさんは幸せというものは、見つけたときにつみとらなくてはならないものだという、人生の秘密を知っていた。それを見つけた場所にしるしをつけておいて、もっと都合のいいときに、つみとりにもどってきてもなんにもならない、そのときにはもうそこにないのだ。それに、小さなことの中によろこびを見つけられれば、幸せになるのはしごくかんたんだ。ショーじいさんはそれをよく知っていた。
じいさんは人生を楽しんでいた。これまでもずっと楽しんできたし、ほかの人たちにも楽しめるように手を貸してきた。そういうわけで、ホワイトサンズの人たちがどう考えようと、じいさんは自分の人生を上出来だと思っていた。


リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと

2015.08.03 Monday
サービス業の頂点と言えるリッツ・カールトン。そのホスピタリティーを養うために必要なクレド(会社の憲法)の話。

私の勤める家電量販店の店長は、「我々はもはや小売業ではなく、サービス業だ」と最近言っていた。
店長のことは嫌いだが、その言葉には同意する。今はネット通販で、家に居ながらなんでも買える時代。たった一人の販売員の意見より、数十件数百件のレビューの方が信頼性が高い。そんな中でもわざわざ来店して物を買うメリットは、何かあった時のアフターサービスと、店員にサービスしてもらって気持ち良くお金を手放し物を得るプロセスを実感することだろう。

私は、物とともに、サービスを提供しなければならない。
サービスとは、この本から察するに、心くばりだ。
「心くばり」は「商品」より多様だ。業界最大級の品揃えを誇る家電量販店だが、その「品揃え」と「心くばり」の量を比較するとすると、「品揃え」には上限があるのに対し、「心くばり」は個々の心×TPOとなり、無限だ。
「心くばり」とは、「心」だ。私たちは「心」を売っているのか?私は、仕事に、私の大切な「心」を提供するのは嫌だ。ミスや知識不足を指摘されてプライドが傷つく分には一向に構わないが、心くばりの質を評価されるなんてまっぴらごめんだ。私は昔から賢かったけれど、いつも心が足りないような感じがして、それがコンプレックスだった。コンプレックスで勝負するのはごめんだ。負け戦はしたくない。高校生の時勉強につまづいてしまったツケと、大人になった今も戦うことになるなんて…。自分がサービス業につくなんて思ってもみなかった。今私は全くもって不利な戦いを強いられている。でも、足りない心を育てるチャンスなのかもしれない。最近は、その一歩として、自分の業績に構わず、押し売りしない店員になろうと思っている。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」